kitak blog

Kみたいなエンジニアになりたいブログ

逃げるは恥だが役に立つ ( 9 ) を読んだ

最終巻を読んだ。

最終巻の見どころは、百合ちゃんがポジティブモンスターに「呪い」について説く場面だろう。
この「呪い」は個人の行動や考え方を縛り付けている何かを指す。思い返せば、逃げ恥の登場人物は、それぞれが何かの呪いにかかっていた。平匡は女性と親しくなることを避けようとする呪い、みくりは自分を小賢しいと貶める呪い… などなど。

それぞれの呪いが、ライフスタイルを変えて、勇気を持って最初の一歩を踏み出すことで解けていく。そんな物語が逃げ恥だったのではないか、という気持ちのする終わり方だった。