kitak blog

Kみたいなエンジニアになりたいブログ

2020-02-01 マドリード・ダービー

昼前ぐらいにランニングのポイント練習をやる。太陽が出ていて、気温も高い印象。ここ最近は寒いのでウィンドウパーカーを着て走っているのだけど、久しぶりに半袖で走ることにした。少ない時間で効率よく練習するために坂道インターバルを試す。上り坂を全力で走って、下り坂をジョグする。これで心肺機能の向上と脂肪を燃焼しやすくする体質への改善を図る。やってみると距離や時間は普段のポイント練習より短いのだけど、なかなか苦しい。
終わった後に Garmin の測定結果をみたら、有酸素機能が「向上」、無酸素機能が「維持」で思っていたより効果がなかった。もう少しやってもよかったかなぁ。あんまり無理をすると今度は身体に負担がかかって、故障するので塩梅が難しい。
今後も週1回ぐらいの頻度でやる。

その後は部屋で一日をずっと過ごす。本を読んでメモをまとめたり、コーディングしたり、昨日書いた protobuf の件の issue を立てたりしていた。Proto3 repeated field not packed by default · Issue #345 · dart-lang/protobuf · GitHub
たまにはこういう日もあってもいいかなぁと思って、ずっと家にいたのだけど、若干気持ちが塞ぎがちになっていた気がする。天気もよかったし、どこかに出かけたほうがよかったかな。

その後は夕飯を食べて、マドリード・ダービーに備えて仮眠。11時前に目を覚まして、ライブ中継を見る。
前半立ち上がりはよいかんじで、堅守速攻のアトレティコらしい良い動きが出ていた。攻撃の基軸になっていたのはビトロとアンヘル・コレア。決定機が何回もあったのだけど、お互いにスコアレス。相手のカゼミーロの守備がよかった印象。前半に1点入れておきたかった...
後半開始直後、ジダンが調子の良かったクロースとイスコを下げて、 ヴィニシウスとルカス・バスケスを投入。フォーメーションをガラッと変えて、修正してきた。アトレティコは、この変化に対応しきれずに守備ラインが後ろに下がり、攻撃の基軸になっていたビトロも守備に時間を割かないといけなくなって、防戦一方という流れ。シメオネも交代カードを切るが、怪我人続出でリソースが足りていないアトレティコではこの状況を変えることはできなかった。結局、一瞬の隙を突かれて、ベンゼマに決められて、1-0 で試合終了。
ジダンの采配がお見事としか言いようがなかった... アトレティコは、この敗戦で6位に後退。前半の内容はよかったし、気を取り直して、次節がんばるしかない。