kitak blog

Kみたいなエンジニアになりたいブログ

DOM 要素が可視状態か調べる

小ネタ。

要素が可視状態かどうか調べたくなって、そういや jQuery に :visible ってセレクタがあったな、と思い出し、おもむろにコードを読んでみた。

結論、こんなかんじで調べることができる( jquery/hiddenVisibleSelectors.js at 2d4f53416e5f74fa98e0c1d66b6f3c285a12f0ce · jquery/jquery · GitHub )。

!!( elem.offsetWidth || elem.offsetHeight || elem.getClientRects().length);

DOM の絡んだユニットテストとかで使えそうですね。

jQuery、以下の理由で新規で採用することは少なくなっていますし、jQuery 不要論の記事も定期的にみかけますが、ちょっと込み入ったことをやる必要が出た時の「大体のブラウザで動く実装例」として捉えると、かなり有用な気がすると思ったのでした。

  • ブラウザ毎のAPIの差異がなくなりつつある
  • DOM API が昔に比べて充実しており、DOM API を直接使うことに対する抵抗感も減ってきている (複雑な DOM 操作が要求される場合は React や Vue などの View ライブラリで対応できる)
  • npm のエコシステムにおいて「一つのことをうまくやる」パッケージが好まれる (モジュールバンドラを使って最終的に生成されるファイルのサイズが小さく収まるという点でもメリットがある)