kitak blog

Kみたいなエンジニアになりたいブログ

ルパート・サンダース監督 Ghost in the Shell を観た

今日の午前中に、渋谷の TOHO シネマズで観た。

都市や街並みの映像が良かった。単純にきれいだし、アニメ映画版、イノセンスと続く、ブレードランナーの DNA の系譜を継いでいるように感じた。 また、ひとつひとつのシーンの撮り方や、各所に散りばめられた小道具から、アニメ映画版やイノセンスに対するリスペクトも感じた。ガブリエルかわいいよ。

一方、映画の時間の長さ上、致し方ない気がするのだけど、公安9課のポジションがいまいちパッとしなかったのと、ひとつひとつの場面が明快で、全体としてきれいにまとまりすぎていて物足りなさを感じてしまった。イノセンスのように難解でなくていいのだけど、Stand Alone Complex の Stand Alone エピソードのような見終わった後の余韻、Complex エピソードのようなもう一度見たくなる程度の難しさが脚本に欲しかった。映像の質やスカーレット・ヨハンソンが演じる少佐の演技が良かっただけにそこがもったいないな、という気持ちになってしまった。