kitak blog

Kみたいなエンジニアになりたいブログ

専攻科の知名度について

こんにちは. 僕は高専の専攻科というところに所属しているのですが, どうも高専の先生というのは専攻科の知名度があまり高くないことを気にしているようです.

前置き

まぁ, そもそも高専自体, 知名度はそんなに高くない(一般の話. 産業界だと大体の人が知っているだろう). 高専なにそれ?って人はWikipediaで調べてちょ. 専攻科っていうのは高専の院みたいなもので, 一応, 大卒資格がもらえます.

記事の続きを読むと, まるで僕が高専生はエリートなんだよと言っているように見えるかもしれないけど, そんなことはない. 高専や専攻科に属していることに, アイデンティティやナショナリズムを感じてない(社会に出たらわからないけど). 緩やかなコミュニティは大好きだけどコミュニティによって評価されるのではなく, 各個人の能力によって評価されるべきだと思う.

地元での評価

で, 僕は知り合いからこんなことを聞いたことがある. 「高専の専攻科って地元のK大学に編入した学生よりも優秀だよね」 この話を出すと, 「それはたまたま,その子が優秀だっただけでしょ」とツッコミを受けた. まぁ, 僕はこの話を出して, 「専攻科の学生は, K大の学生より優秀だと世間で思われてるんだよ, えっへん」とか言いたかったわけじゃない. 高専のことをあまり知らない人がそういう認識を持っていることが驚きだったのだ. 少なくとも, そういうふうに考えている人がいて, 周囲の人にそういう認識を伝えてるってこと. 専攻科ができてまだ数年だけど,そういった認識が生まれ, そして今後,徐々に広がっていくのではないか. だから, 先生, そんなに心配しなくていいですよ.

重ねて

僕はコミュニティによって評価されるのではなく, 各個人の能力によって評価されるべきだと思う.